なつかわ歯科

院内のお知らせ・ペンギンくらぶからのお知らせ

2月のお知らせ

  • 「歯医者さんが作ったチョコレート」 販売中です!
    冬だけの限定商品です。


  • 2月ご来院の皆様にキシリトールチョコレートを差し上げます。
    甘味料キシリトール100%使用。キシリトールはインシュリンに
    依存しないので、糖尿病の方にも安心です。
    ムシバ菌の繁殖を防ぎ、プラークを抑制させます。
  • 矯正歯科のご案内
    ※1月より矯正担当の歯科医師が交代になりました。
    患者様にご迷惑のかからぬ様に、今まで以上によい治療が
    ご提供できるようにして参ります。今後ともよろしくお願い致します。
    何かご心配なことがあれば遠慮なくおっしゃって下さい。

    ※矯正無料相談日が日曜日に変更になりました。
    相談時間を終日設けております(要予約)
    ご希望の方はお問い合わせ下さい。

    ◆治療日
    2月18日(日)午前10時より一日診療(要予約)
    2月21日(水)午後3時半より(要予約)

    ◆無料相談日
    2月18日(日)午前10時より(要予約)
  • 一般・小児歯科 休診日…日、祝、水曜日

院内情報

「お口を清めれば体は健やかに!!」
「内科へ行く前に歯医者へGO!!」
~お口の災いは血管を通して全身を駆け巡る~

開院した頃から当院にて定期健診を受けて頂いている患者様の一言から

『自分が健康でいられるのも、
こちらで歯をきれいにして
も らっているお陰です。』

このようなお言葉を頂きました。

先日当院スタッフがセミナーを受講しました
歯科医院が知っておく身体の健康について」
講師:にしだわたる糖尿病内科 西田 亙先生

西田先生・・・「生まれ変わったら歯科衛生士になりたい」と語る。
ご自身の糖尿病を歯周病治療をきっかけに改善された経緯を持つ。
今回身体と歯の関連性について記事にしました。

なぜ?生まれ変わったら歯科衛生士になりたい・・・??
ご自身の経験から、チェアーサイドで歯科衛生士が患者さんに共感し、
人生に寄り添っていると感じたから。
自身も患者さんにとってそういう人でありたいと思った。

★身体の健康とお口の健康は大きく結びついています。★

①全身と口腔内との関連が注目されており、
最近では糖尿病の合併症の1つに歯周病があげられています。

お口の中をキレイに保つことで、糖尿病が改善されることが
少しずつですが認知されてきています。
⇒⇒口腔内の炎症が下がれば血糖値も下がる。
⇒⇒心筋梗塞発症のリスクを下げることも出来る。

②夫婦で定期的に歯科健診を受けることで、
夫婦間や親子間の感染症(歯周病菌)予防につながり
胎児の健口を守る。

⇒⇒岡山市では妊婦・パートナー健診が実施されています。


★お口の中を清めるとは…ムシバ・歯周病治療を行い、
炎症の原因となるものを減らしていくこと。★

患者様も口腔内がキレイになると、間食や夜食を気を付けるようになり、
運動もしたくなることで全身疾患の予防につながっていく。

「歯医者は
お口の中を清め
幸あれと祈祷する
お口の神社」

西田先生のお言葉です

院長のご報告

岡山大学歯学部同窓会新年会に参加してきました。

今回の学術講演は
「口腔インプラント-審美治療から高齢者への対応まで」

第1部:審美インプラントの最前線、
第2部:高齢者へのインプラントを考える の2本立てです。
演者はインプラント再生補綴学分野 教授の窪木拓男先生です。

前歯のインプラントは審美的要素が高レベルで求められる為、
将来起こりうることも想定した上で取り組まなければならない事。

最新の技工はデジタル化されていて今までとはシステムが
大きく異なってきており、導入のタイミングを見極める必要がある事。

インプラントを含めて今まで行ってきた治療に人生の最後まで
責任を持って見届ける事。

超高齢化社会を迎えて、オーラルフレイル(虚弱)の概念をもって
取り組む必要がある事。

…など、先生の講演は何時も教訓になります。
今後も岡大卒の名に恥じないように謙虚に臨んでいきたいと思います。

左:講演後の懇親会で歌う
窪木先生

(バンドメンバーは同窓生)