なつかわ歯科

院内のお知らせ・ペンギンくらぶからのお知らせ

10月のお知らせ

  • 職場の歯科検診を受付けております。
    事前にご連絡を頂けると
    ご来院の際がスムーズです。
    検診結果の報告などは
    職場によりそれぞれですので
    お気軽にお申し出下さい。
  • 矯正歯科のご案内

    ◆治療日
    10月17日(水)午後3時半より(要予約)
    10月21日(日)午前10時より一日診療(要予約)

    ◆無料相談日
    10月21日(日)午前10時より(要予約)
  • 一般・小児歯科 休診日…
    日・祝・毎水曜日
今年のゴーヤ総集編。

院内情報

乳歯から永久歯に生え変わる時期や、奥歯が新たに萌出する時期、
おうちで子どもから「歯が痛い」の訴えに、どう対応しましょうか?ストーリー


症例1 奥歯7番の萌出中の痛み
(萌出は12歳ぐらい、多少年齢は前後します)
小学5年生…左下7番が萌出中。歯肉(遠心)の被っている所が痛い。
給食が食べられなかった。


<医院の対応1>
生えかけの痛みなので、しっかりブラッシングをして
様子を見て頂くことをお伝えしました。

<本人・おうちの方のご意向>
痛みを何とかしたい。




<医院の対応2>
歯肉を切って歯肉の被りを解消し、
歯が見えるようにしました。痛みは落ち着きました。




<その他の対応 例えば・・・>
①痛み止めをお出しすることもあります。

②膿が溜まり歯肉が被っていることもあります。
その際は膿を出す処置を行います。
(膿の原因は、磨きにくく汚れが溜まる
ことによります。)
膿が溜まっているかどうかの見極めは難しいので、
一度口腔内の確認をさせて頂きたいです。

③奥歯6番の萌出中の痛みも7番と同様の症状が 出る場合があります。
※奥歯の萌出は6番が6歳ぐらい、 7番は12歳ぐらい、多少年齢は前後します。



症例2 乳歯の交換期で痛みがある

小学3年生…
左上4番目の乳歯の歯肉が腫れて痛みあり。
母親は歯肉に膿が溜まっているのではないか心配。
本人は歯を絶対に抜きたくない。



<医院の対応>

レントゲンで歯の状態を確認して、膿は溜まっていないことを確認しました。
永久歯の萌出に伴う腫れと痛みの説明をする。
どうしても痛い時は痛み止めで様子を見ることをお伝えする。

※生えかわりの痛みを解消するためには…乳歯を抜歯する。


☆萌出中の痛みの対応

院長のご報告

訪問歯科研修会に参加してきました

講師は佐々生康宏先生で、講演は
『口腔機能へのアプローチ ~食べる機能の支援とリハビリテーション~』
の内容でした。

口腔機能の食べる機能について 摂食嚥下の各ステージにおける機能低下と
その見極めのポイントや対応法について 症例を交えて教えて頂きました。

これからの歯科治療は形態修復・予防に加えて、
機能の回復・リハビリも求められるようになってきており、
毎日の臨床から 少しの変化でも気付いて行けるように
研鑽を積んでいきたいと思います。