なつかわ歯科

治療案内

インプラント

インプラントについて

つまようじ法ブラッシングについて

不幸にして永久歯が失われた場合に歯を補う方法のひとつです。歯を補う方法には他には入れ歯やブリッジがあります。入れ歯のような異物感が少なく、ブリッジのように両隣の歯を削る必要がありません。

自分の歯の替わりに人工の歯根を顎の骨の中に埋め込みます。そのうえにかぶせをつくって歯を補います。顎の骨に直接固定されるのでしっかりかめるようになります。

インプラントの症例

歯がないところに4箇所埋め込みました6本のかぶせを入れました



インプラントの症例写真


第1オペ・インプラントの流れ

  1. お口のおそうじをします
  2. 消毒をして麻酔をします
  3. 消毒をしたチェアーに移り、口腔内をもう一度消毒します
  4. 歯ぐきを切開します
  5. インプラントを埋める穴をドリルで開けます
  6. インプラントを埋め込みます
  7. 歯ぐきを元に戻して縫います
    縫い目の様子
  8. 術後の症状確認と説明
オペ終了後の患者様の声・・・

歯肉を切って骨に穴を開けて金属棒を差し込んでとなると、時間も相当かかるだろうし大変だろうなと思っていたのだが、出血も非常に少ないし大きな衝撃もないし、時間も1時間程度と短いし、術後の出血も3時間ほどで止まるし、痛みがほとんど出なかったのにはビックリだった。

第2オペ・インプラントの流れ

  1. お口のおそうじをします
  2. 歯ぐきを切ります
  3. 前回埋め込んだインプラントが骨とくっついているか確認をします
  4. インプラントのねじをとりつけるところ
  5. インプラントにねじをとりつけたところ
  6. 傷口を縫って元に戻します

かぶせを作っていきます

  1. かぶせの土台をつけたところ
  2. 型取りをしているところ
  3. 仮の歯を作ったところ
    仮歯の状態で、かんで痛みがないかどうか様子をみます
  4. かぶせが入ったところ

3ヵ月に一度の定期健診

Q:口をずっと開けておくのがつらそう・・・。
A:開口器を噛んでもらっていたら、顎はだるくないです。
Q:骨にドリルであなを開けたりするのが不安なのですが?
A:麻酔をしてからの治療になりますので、術中の痛みはありません。術後の痛みや腫れもほとんどありません。
Q:インプラントを埋め込んだら、すぐかぶせが入るのですか?
A:顎の骨の状態で変わってきます。埋め込んだインプラントが骨ときっちりくっ付いているかをレントゲンや測定器を使って入念に確認をします。かぶせが入る時期は個人によって異なります。かぶせが入ったらすぐに固い物でも何でも食べられるようになります。